ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは?
美白効果のある医薬部外品

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの弱点を克服したものです。
安定性が低く、空気に触れると酸化し、水に溶かすと活性を失い、肌へ浸透しにくいというビタミンCの短所を改良したのがビタミンC誘導体です。

 

美白・美肌のために使われるビタミンCは、濃度が高いほど効果を発揮するとされていますが、高濃度のビタミンCは、皮膚トラブルを引き起こす原因となる場合がありますが、その点もビタミンC誘導体は克服しています。

ビタミンC誘導体の効果と副作用

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、厚生労働省の認可を受けた、「美白効果のある医薬部外品」として販売できる有効成分です。
ビタミンC自体は、食物から摂取することもできますが、体内に必要なビタミンCが使われるため、肌への効果は薄くなりがちです。

 

そのため、肌への効果を期待するため、化粧品に配合することで、直接肌へ働きかけることを促しますが、ビタミンC自体は肌に吸収されにくく、効果をあまり見込めないばかりか、かえって刺激を与えてしまうことになりかねません。

 

そんなビタミンCを肌から効率よく吸収されるように改良されたものが、「ビタミンC誘導体」です。
強い抗酸化力を持つビタミンC誘導体は、活性酸素を抑制し、皮膚の抗酸化作用を高めます。
メラニン色素の生成を抑えながら、新陳代謝を高め、シミやくすみの改善に効果が期待されるほか、肌の弾力には欠かせない、コラーゲンの生成を促進する効果もあることから、シミ、くすみ、シワ、エイジングなどのケアにと、幅広く利用されます。
ニキビ改善、コラーゲンの生成促進によるニキビ跡改善にも利用されています。


ビタミンC誘導体が配合されている化粧品