ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは?
ハリ・うるおい・保湿に欠かせない、お肌のクッション

 

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸はもともと体内、とくに皮膚や間接、眼などに多く存在する成分です。
1gで6リットルもの大変高い保水力を持つヒアルロン酸は、細胞と細胞の間の隙間を満たし、肌のハリやうるおいを保持したり、各関節のクッションとして働きます。

 

赤ちゃん時が最も多いヒアルロン酸は、年齢とともに体内から失われていき、40代以降は急激に減少します。
普段の食事から、必要量を摂取するのは難しく、さらに構造的に分子が大きいため、そのままでは吸収されにくい性質を持ちます。

 

そのため、分子を小さくして、体内に吸収しやすくしたもの「低分子ヒアルロン酸」が開発されました。
サプリメントや化粧品に配合される場合は、低分子ヒアルロン酸の方がいい、ということになります。

 

ただし、ヒアルロン酸を注射・注入する場合は、直接体内へ注入するため、分子量が大きい方が体内に残りやすいため、通常のヒアルロン酸の方が適しています。

ヒアルロン酸の効果と副作用

美容分野では、ヒアルロン酸は化粧品やサプリメントに含まれているだけでなく、ヒアルロン注射としても利用されます。
ヒアルロン酸はもともと体内に存在しているため、アレルギー反応などを起こすことも滅多にありません。

 

注射の場合はヒアルロン酸を注入した部位が一時的に赤く腫れたり、痛みを伴うことがありますが、一般的には自然と治まります。
注射を受ける場合は、安心できる医療機関を選びましょう。

 

また、サプリメントや化粧品においては、重篤な副作用の心配は極めて低いでしょう。
肌の弾力や乾燥、小ジワが気になる方対象のコスメやサプリメントに含まれている成分です。

ヒアルロン酸が配合されている化粧品