グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムとは
肌荒れやニキビの気になる肌に

 

グリチルリチン酸ジカリウムの効果

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸K2、グリチノンK2などとも呼ばれます。
グリチルリチン酸は、マメ科の植物甘草(カンゾウ)から抽出される成分で、炎症を抑える作用があります。
ただし、水に溶けにくく、これをカリウム塩の形にし、水に溶けやすくしたものがグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

甘草は昔から貴重な生薬として珍重され、現在でも、風邪の初期症状に処方される「葛根湯」など、多くの漢方薬などに配合されています。
グリチルリチン酸ジカリウムは医薬品をはじめ化粧品、育毛剤など、幅広く利用されています。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用、抗アレルギー作用、ステロイド様作用、女性ホルモン様作用などがあるとされています。
化粧品に配合した際の肌への効果としては、炎症を抑える効果、肌荒れやニキビを予防することなどが期待できます。
速効性はあまり期待できませんが、ある程度の長期目線で使用していくことで、効果を感じやすくなるようです。
連続使用しても副作用はほとんどないとされていますが、一度に多量に使用すると、偽性アルドステロン症を発症する可能性があります。

 

ニキビ対策コスメ関連おすすめサイト:
ノンコメドジェニック化粧品ならニキビが治るの?
ノンコメドジェニック化粧品でニキビ肌を徹底ケア!

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている化粧品