フェルラ酸

フェルラ酸とは?
メラニン抑制&抗酸化作用で透き通ったアンチエイジング肌へ

 

フェルラ酸

フェルラ酸はワインやチョコレートに含まれていることで有名な「ポリフェノール」の一種です。
米ぬかから抽出したポリフェノール系化合物であるフェルラ酸には、高いブライトニング効果が証明されています。
シミやくすみの原因となるメラニンの元となる酵素、チロシナーゼを抑制するだけでなく、紫外線吸収、酸化防止機能が認められ、食品、化粧品、医薬品原料と幅広く利用されています。
さらに、最近ではアルツハイマー型認知症への効果が注目を浴びています。

フェルラ酸の効果と副作用

フェルラ酸は米、小麦、コーヒー、ピーナッツ、オレンジ、パイナップルなどの種子に含まれています。
化粧品やサプリメントには米ぬかを原料としたフェルラ酸が主流です。
紫外線を吸収する機能もあるとされ、化粧品としては美白剤やUVクリームなどに利用され、美白・抗酸化などの作用が期待されています。
また、強い抗酸化力をもつポリフェノールの一種であるフェルラ酸は、発がん抑制作用、血糖値および血圧の降下作用が報告されています。
最近になり、アルツハイマー型認知症への効果も注目を浴び、サプリメントなども発売されています。
内服の際の副作用として、興奮作用があるという報告もあります。

フェルラ酸が配合されている化粧品