アルブチン

アルブチンとは
天然から取れる美白剤がメラニンを抑制

 

アルブチンの効果

アルブチンはコケモモや梨、ウワウルシ(ツツジ科の植物)などに含まれている成分です。
肌は紫外線やニキビなどの外的ストレスにより、メラニンを生成しますが、アルブチンには、このメラニン生成の原因となるチロシナーゼという酵素を抑える働きがあるため、美白、シミ防止などの化粧品に含まれます。

 

アルブチンにはα-アルブチンと、β-アルブチンがあります。

 

α-アルブチン
メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素を抑え、シミ・ソバカスの予防のための美白化粧品などに利用されます。

 

β-アルブチン
チロシナーゼに直接作用してメラニン色素の生産を抑えるため、できてしまったシミやニキビ跡などにも効果があるとされています。

アルブチンの効果と副作用

アルブチンは肌のメラニン色素に働きかけ、メラニン色素増殖を抑えます。
同じような働きをする美白成分に、ハイドロキノンがありますが、このハイドロキノンに比べ、アルブチンは、皮膚への刺激がほとんどなく、安定した成分です。

 

副作用として、白斑(白抜き)、サプリメントにおいては白髪などがあげられますが、通常の化粧品に入っている濃度でこのような作用を及ぼすことは、ほとんどないでしょう。

 

シミやそばかす、日焼けによる肌のメラニン色素生成を抑えるのに有効とされており、ビタミンCと一緒に使用することで、効果が高くなるとされています。

アルブチンが配合されている化粧品